「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」が平成29年1月20日に策定されました。

使用者は労働時間を適正に把握するなど、労働時間を適切に管理する責務があります。
現状をみると、不適正な運用等に伴い使用者が労働時間を適切に管理していない状況もみられるところからガイドラインが策定されました。

自己申告制による労働時間の把握等に関して使用者が講ずべき措置が明記されいてますのでご参考ください。

厚生労働省リーフレットはコチラから

ガイドライン全文はコチラから