厚生労働省は「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表しました。
ガイドラインでは、職場における意識啓発のための研修や治療と職業生活を両立しやすい休暇制度・勤務制度の導入などの環境整備、治療と職業生活の両立支援の進め方に加え、特に「がん」について留意すべき事項をとりまとめています。
また、3月10日に東京TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで厚労省主催のセミナーが開催されます。

がんに罹患した方も治療と並行して継続就労できるように環境を整えていく必要があると思います。参加されてみてはいかがでしょうか。

両立支援のためのガイドラインはコチラ

セミナー案内はコチラ