平成28年9月より厚生年金保険の加入時にも住民票コードの特定が行われることとなりました。基礎年金番号と住民票コードの結びつけが強化されます。

資格取得届出後、住民票コードの確認が出来なかった場合には資格取得処理が保留され、事業主様宛に住民票上の住所等の照会が入ることになります。

住民票住所と現住所の違う方は注意が必要です。資格取得届に住民票住所を併記して届け出るのを忘れないようにご注意ください。

入社時に住民票住所を確認しておくことで滞りなく手続きが進むように準備しておきましょう。

年金機構リーフレットはこちら