職業安定法改正により、労働者の募集や求人申込みの制度が変わり平成30年1月1日より施行されています。

それに伴い、ハローワーク等への求人申込み、自社HPでの募集、求人広告の掲載等を行う際、労働条件の明示事項が追加されました。また、あらかじめ示した条件と採用時の条件が異なる場合等にはその内容を求職者に明示することも義務付けられています。

労働条件を変更する場合には注意が必要です。

職業安定法改正概要はコチラから

リーフレットはコチラ